辰年に因んで、


街で良く目にする不思議な日本語?



こういう縁起物があちこちに売られています。

夕食は台湾の友人と台北シェラトンホテルの辰園 The Dragonで。

友人が総料理長の張さんと知り合いとのことで写真をお願いしました。台北の料理人の協会の理事長も務めたこともあり、TVの料理番組にもよく出演しているそうです。

フカヒレ(^^)

もちろん紹興酒も。

子豚の皮、ガチョウ、チキン

一刀肉。

ツバメの巣が乗ったエッグタルト。
ぜーんぶ、美味しかったぁー!
2012.02.05 Sunday,09:52
| The MD's column | 台湾 Taiwan | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
縁起物が大好きな台湾の人々

台北から車で20分くらいの所にある林口特区の会社を訪問。

漢字なので何となく意味が解ります。

帰りに圓山大飯店で飲茶のランチ。


有名なスペアリブの一皿。

ホテルからは台北市内が一望出来ます、台北101も見えます。

ホテルのロビーには辰年の飾り付け、天井には無数の龍の彫刻やら絵画が施されています。

ホテルの屋根にも何やら沢山の、、、。

なんだろう?
2012.02.05 Sunday,09:35
| The MD's column | 台湾 Taiwan | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
台北は曇り空です。

今日の最高気温は21℃の予想です。少し青空も出て来ました。
2012.02.04 Saturday,10:11
| The MD's column | 台湾 Taiwan | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
フラワーマーケット



花や植木がたくさん売られています。とにかく安いです。
2011.11.06 Sunday,18:29
| The MD's column | 台湾 Taiwan | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
台北観光2日目
DVC00971.jpg

朝から九分観光してまーす。雨がすごいけど涼しいです。

2011.11.06 Sunday,13:15
| The MD's column | 台湾 Taiwan | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
台北101


社員旅行中です。
2011.11.05 Saturday,21:27
| The MD's column | 台湾 Taiwan | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スワロフスキーの
DVC00580.jpg
台北101のクリスマスツリーが綺麗でした。
2010.12.23 Thursday,22:45
| The MD's column | 台湾 Taiwan | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
見た目は「エイリアン」みたいでした。 老饕食堂


昨年10月の社員旅行の時もBennyさんと一緒に行った、台北の仁愛路「老饕食堂」。
前菜にと出てきたのはなんと見た目は「エイリアン」、なんじゃこりゃと食べてみたら硬い骨があり、多少の香辛料のクセがあるもののまあまあの味でした。 すこし食べてから写真を撮ったので2本しかお皿に盛られていませんが、10本ほどお皿に盛られて出てきたときには超グロテスクで一瞬ひるみます。 

老饕(ラオタオと読みます。)食堂はシーフード中心の中華と和食を取り入れたコースがとても美味しいレストランで、さっぱりした味付けで日本人にも抵抗無く食べられるものばかりです。油っこい食事に飽きた観光客にはぜひオススメです。

続きを読む >>
2010.02.23 Tuesday,22:51
| The MD's column | 台湾 Taiwan | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
一日歩いた足をいたわります。
DVC00368.jpg
台北へ行くと必ず仕事で歩いた後に足ツボへ行きます。脚底が中国語の表記です。六星集足體養身會館・南京會館がお気に入り、いろいろなマッサージのコースがコンビニ感覚で気軽に受けられます。

DVC00371.jpg
コースの料金表。

続きを読む >>
2010.02.22 Monday,22:24
| The MD's column | 台湾 Taiwan | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
毎日変わらず同じことを継続することの重み、大切さ。忠烈祠
DVC00391.jpg
写真内の地面に着いた三本の線見えますか?ほとんど毎日、雨の日も風の日も1時間ごとに行われる衛兵交代で大門牌楼と大殿の間を衛兵が行進した跡です。
衛兵の一糸乱れぬ動作に感動し、同じことを続ける意思の強さ、英霊への深い敬意を感じます。

DVC00390.jpg
正に微動だにしない空軍エリートの衛兵、凛々しい立ち姿です。身長、体重までも細かく規定されています。 

続きを読む >>
2010.02.21 Sunday,22:42
| The MD's column | 台湾 Taiwan | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |